• トップ /
  • ビジネス起業時の資金調達

資金調達の難しさについて

ビジネス起業時の資金調達

ビジネスを始める時の資金調達

ビジネスを起業する際に会社の経営者を悩ませるのはどのようにして資金調達をするかどうかです。まず、会社が出来たばかりでは実績がまだないので多額の資金を集めることは難しいものですが、会社の将来性に投資をしてくれる投資家と出会うことが出来れば、会社に投資をしてくれる可能性が高まります。そのような起業したばかりの会社に投資をする投資家をエンジェルと欧米では呼びますが、日本でも将来性に多額の資金を投資する投資家はいらっしゃいますので、積極的に新規事業ビジネスについての会合やセミナーなどに出席してみるのも良いでしょう。起業してからビジネスが軌道に乘り始めると、資金調達先として金融機関という選択肢が増えてきます。現在日本では低金利の状態が続いていますので、金融機関は資金を貸し出すことが出来る有望な起業を探しています。有望な投資先だと金融機関に認められれば先方から資金を融資したいと話しを持って来ることもあるでしょう。そのような状態になると資金調達で困るようなこともなくなります。しかし、会社は軌道に乘っているときは良いのですが、良い時ばかりではないのがビジネスです。会社の経営状態が悪くなっても営業資金に困ることがないように計画を立てて会社を運営するのが優れた経営者です。

バックナンバー

↑PAGE TOP