• トップ

起業する前に基礎知識の習得を

ビジネスに必要な基礎知識

起業はビジネスの業態を知る必要

ビジネスで成功する夢を実現するため起業を選択する方がいらっしゃいます。起業に際してまったく無計画に進めることは稀にしても、思わぬ問題に直面することはあるでしょう。そうした場合に備えて経営上の基礎知識を調べておくことは重要です。まずビジネスの業態によっては、行政的な許可などが必要になります。飲食店であれば食品衛生上の規制だったり、酒類を扱うための許可といったものです。知らずに経営を続け行政から注意を受けないようにしましょう。個人経営で始めるのか法人になるのかも重要な点です。税制上の違いがありますし、法人の場合は会社法に基づいた設立手続きを踏み、定款の作成や登記などが必要になります。税務署への届け出もそうでしょう。従業員を雇用するならば、労働基準監督署や社会保険事務所への届け出も必要になります。こうした煩雑な手続きを経て初めて起業できるのです。ですから基礎知識は欠かせません。本来のビジネスの楽しさは起業して後からといえ、マーケティングや広告宣伝など様々な視点からサービスを観察し、いかに右肩上がりの経営を実現するか考えます。当初の心もとない基礎知識がやがて確固とした経営戦略に結び付けば、より多角的に市場を眺められるようになります。

バックナンバー

新着情報

↑PAGE TOP